予知の最新情報と知っておくべき地震のこと

前もって対策をするために読んでおこう

日本

予知の歴史

日本は地震が多い地域でもあるため、歴史的にも予知の研究が盛んになっています。新しい予知の方法なども常に話題になっているのですが、同時に普段から地震が起こったらどうするか、防災の意識を高めることが大事なのです。

READ MORE
地震

対策の重要性

いつか自分の住んでいる地域でも大きな地震が起きると想定して生活をした方が良いです。街づくりや政府の政策とも関わってきますので、個人的な防災だけでなく政府がどのように予知や観測について考えているのか知っておくと良いです。

READ MORE
親子

電離圏を観測する

電波を受信するアンテナを使って、電離層の計測をする予知の方法が今注目されています。一般の人向けにサービスも開発されているので、災害に対する意識を高めると同時にこういった計測方法についても知りましょう。

READ MORE

地震の際に起こる怖い災害ランキング

no.1

津波

地震が起こると津波が発生することがあるので、沿岸の地域では特に注意して行動することが求められます。50センチの津波であっても、車や漂流物が発生し、立つことが難しくなります。水は全ての建築物やものを押し流してしまうので最も恐ろしい災害といえます。

no.2

建物の倒壊

小さな地震であっても、建物がそれに耐えられない構造をしていれば、近くにいる人、その建物の中にいる人の身に命の危険が発生します。阪神・淡路大震災では、その建物の倒壊により救急車が通れない、インフラに影響が出たなどの被害が発生しました。

no.3

液状化

地震により、道路の下へ水が染み出し、道路が陥没してしまうという被害が出ることがあり、これを液状化といいます。東日本大震災ではこの災害が多く発生し、住んでいる家を立て直ししたり、住めなくなったりした人も続出してしまいました。

行動指針を確認

いつなんどき地震が起こるか分からないと知っている日本人であっても、大きな地震があった場合は立ちすくんでしまいます。人的な二次災害を防ぐためにも、過去の災害を教訓にして、防災グッズを確認したり、避難場所を確認したりすることが大事なのです。

地震に対する知識を深める

防災グッズ

長期的な予知が行なわれている

最近では短期的に地震を予知する方法も日本で研究が進んでいますが、気象庁においては昔からデータを収集することで長期的な観測に挑戦してきました。活断層のデータや毎日起きている小さな地震から、大きな災害を予知するというものです。その結果、マグニチュード8以上の地震が起きるという予測ができるのは今のところ東海地方だといわれています。つまり、それ以下の地震についてはいつどこで起こるか予測不能ということで、やはり防災を常に考えることはとても大事なのです。

家の強化や避難経路を確認するなどの対策

地震が起こったときに普段は何も考えていないのに、正しい行動が取れるかというとそれは不可能に近いです。市役所では避難した人たちが3日間生活できるような食事や非常用グッズを備蓄していますし、国では地震の計測やデータの収集をして情報開示しています。個人的にできることといえば、地域で起きた地震についてチェックして、安全確認の経路を家族や社員間で確保できるようにシステムを利用することなどです。

広告募集中